サンシャインキッズ presents  ★ENGLISH SUMMER CAMP 2018★

去る7月31日(火)、大阪府貝塚市にあるキャンプ場「少年自然の家」へ、1泊2日のイングリッシュキャンプに行ってきました♪
お天気にも恵まれ、青空と木々の緑がとてもきれいな自然の中で、様々な活動を行いました。

<DAY1>
☆森の中を探索するオリエンテーリングでは、二班に分かれ、地図を見ながら12個の地点を探し歩きました。
与えられた英語のヒントから各地点の動物を当てていき、先生が1文字ずつキーワードのアルファベットを謎解きシートに書き込んでいきます。地点をすべて回り切り、完成したものを読んでみると、出てきた文章は “ LET’S ENJOY SHAVED ICE! “。答えがわかったところで休憩所にたどり着くと、暑い中、一生懸命歩いたみんなにご褒美として、かき氷が配られました!

☆1日目のクラフトは、竹を使った水鉄砲作りでした。簡単そうに見えてなかなか難しく、上手く水が吸い上げられるように作るのには苦労しました。でも、いざ水鉄砲バトルが始まると、みんな大はしゃぎで最後はびしょ濡れになり、夏の暑さも吹き飛んだのではないでしょうか。

☆お風呂に入ってスッキリした後は、夕飯を食べてから森の広場でキャンプファイヤー!子どもたちも薪の組み立てを手伝いました。
後半、火が小さくなってきたところで、花火をしたり、北アメリカではキャンプファイヤーと言えば定番の “スモア(焼いたマシュマロをチョコレートとクラッカーで挟んだもの)” を作って食べたりしました。日本ではあまり広く知られていないようで、初めて食べる子も多かったかもしれませんね。
最後の火が消えた時、電灯を消して夜空を見上げると、とてもきれいな星空が広がっていました。星座が好きな子もいて、いろいろみんなに説明したりしてくれました★

<DAY2>
☆早起きの子どもたちは、スタッフが起きると同時に「遊んでもいい?」と、朝からエネルギー満タン!!!
朝ごはんを食べた後は、自分たちの部屋をきれいにお掃除し、荷物をまとめて退室準備です。
次のアクティビティーまで少し休憩タイムがあり、施設内の談話室で先生たちとまったりおしゃべりする時間もありました。こういう時間があると、普段レッスンでしか接していない子どもたちの素の姿に触れ、お互いにより理解が深まるとても良い機会になりますね♪
今回のキャンプで “Duck Duck Goose” という遊びにハマった子も多かったようです(数人で内側向きに円になって座り、鬼が背後を一人一人頭に触れながら順番にDuck、Duckと言いながら周り、途中でGooseと言われた人がその鬼を追いかけ、最初の鬼がGooseと呼んだ人の場所まで捕まらずに戻れたらセーフ、捕まったら再度鬼、という遊びです)。学校でも是非お友達と遊んで楽しんでみてくださいね。

☆2日目のアクティビティーの目玉である野外料理(カレーライス作り)は、それぞれ役割分担し、チームで各々に作業を行いました。大きなお鍋に具を入れた後、かまどの火の調整が難しく、具全体に火を通すのに予想以上に時間がかかりました。
かまどに付きっきりだった小学校中高学年の男の子たちは、辛抱強く薪の調整を繰り返しながら、最後の片付けまで責任を持ってやってくれたので、頼もしい限りでした!
およそ2時間かけて、やっとの思いで出来上がったカレーライスは、いつもお家で食べるのとは違い、特別な味に感じたことでしょう♪

☆キャンプの最後を締めくくるクラフトでは、手の平サイズの木のチップでネーム・プレートのストラップを作りました。どれもそれぞれの個性が垣間見えるデコレーションで、キャンプの思い出の一部をそのまま身に付けて帰路に着くことができました。
盛りだくさんのスケジュールもあっという間に終わってしまいましたが、2018年の夏休みの思い出の一つになれば幸いです★
スタッフ一同、すべてのアクティビティーが無事に終わり、ホッとしたと同時に、今回ご参加いただけた皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。おかげさまで、スタッフも子どもたちと一緒に本当に楽しむことができました。
ありがとうございました!!

————————————
Summer Camp 2018
July 31st-Aug 1st

Toshiyuki Takagi
Tony Romani
Yoko Shiraishi
Michiyo Kawanishi
Manae Mimura

IMG_2231

IMG_2232

IMG_2233

IMG_2234

IMG_2235

IMG_2236

IMG_2237

IMG_2238

IMG_2239

IMG_2240

コメントは受け付けていません。