サンシャインキッズについて

サンシャインキッズは、英語が母国語の外国人と日本人2人の講師が「ティームティーチング方式」でレッスンを行っている「英語教室」です。

単なる英会話教室で終わってしまうのではなく、中学から始まる受験英語にも役に立つ英語を身につけてもらうレッスンをしています。

聞 く 家族の話す言葉を信号として聞いていきます。
話 す 発音が不正確ながらも、一生懸命話して意志を伝えようとします。
読 む 絵本を読んでもらうとき、初めは絵の方ばかりに注目してますが、徐々にお母さんが読む文字に関心が移ってきます。
書 く 失敗を繰り返しながら文字を書くようになります。
文 法 学校で日本語の仕組みについて学びます。

この言語習得順序は、どこの国、どの言語でも同じです。

… ところが、中学で英語を習うときは、
「書く」-「読む」-「文法」…「聞く・話す」…となっています。
自然な言語習得の過程を踏んでいないので、日本人が長い間英語を学んでも話せるようにならないのはある意味当然です。むしろ話せるようになることを想定してないと言ってもいいくらいです。

文法は大切です。読み書きも大切です。
でも、なんでもスポンジのように吸収できる幼少期、特に「聞く」能力はその機会が早ければ早いほど伸びていきます!

サンシャインキッズはエデュテイメント(education + entertainment)の発想で、遊びを通して子どもたちに英語を使ったコミュニケーションのおもしろさを知ってもらおうと考えています。shun

サンシャインキッズ!の7つの特徴

サンシャインキッズ!では実際に学ばれる生徒とご家族にとって、よりよい環境で無理なく英語を学んで貰うために様々な仕組みを整えています。

英語の最大の上達方法は日々の学習を怠ることなく地道に長く努力を続けることです。そのためにカリキュラムはもちろん費用面でも長く続けていただける様な仕組みを取っています。

サンシャイン・プレップについて

中学生からは本格的に英語も授業が行われますが、英語学習者でつまづくのが文法面にあります。単語をたくさん知って発音が良くても読み書きや文法がわかっていなければ上達しません。

サンシャイン・プレップは英会話の延長上に読み書きや文法も無理なく学習してもらい受験英語にも対応するためのカリキュラムです。英語が「わかる!」から「できる!!!」に導くためのサンシャイン・キッズ!独自のメソードです。

コメントは受け付けていません。