2. ティーム・ティーチング

生徒

レッスンを受け始めて最初は簡単だったんだけど、最近むずかしくなってきたよぉ…。

お母さん

そうなの? だいぶレベルも上がったからねぇ…。

先生

こういう時のために日本人の講師も一緒に教室に入っています!
今度日本人の先生に質問してごらん!

サンシャインキッズ!の特徴へGO!

サンシャインキッズ!のレッスンは全てティーム・ティーチングで行っています。
長く英語圏に住んでいれば嫌でも英語のシャワーを浴び、わからないことも時間の経過につれてわかっていくものです。
しかし、日本でせいぜい週に数時間という限られた時間の中で、外国人の先生だけの環境で英語を学習するのは定着が悪いのです。

一見ネイティブ講師だけの方が英語の環境にどっぷりと漬かることが出来ていいような気がします。しかし今いる場所がアメリカで、幼稚園や学校、TVでも英語が飛び交っている状態であれば、最初はわからなくてもいつかはわかるようになります。しかし日本に住みながらその状態になるまでは途方もない時間を要します。

サンシャインキッズ!では、ティーム・ティーチング方式と言って外国人講師と日本人講師のティームがレッスン効果を上げます。

日本人講師は通訳ではありません。全て英語で行うレッスンの中で、生徒が理解出来ない場合、外国人講師と日本人講師がその箇所を意識的にやり取りします。すると生徒は、日本語で補助しなくてもそのやり取りから英語の意味を理解するのです。まさに小さな子どもが親のやり取りを見て聞いて日本語を覚えてきた課程を、このティーム・ティーチングで再現しているのです。

子どもの頭の中に「?」を導き出して「!」で理解する - 身体で英語を理解していくのです。
また、日本人講師からお子さまの様子を細かく聞くことができるので安心です。

コメントは受け付けていません。