ごあいさつ

代表取締役:髙木 俊之

『日本語もできていないのに英語なんて早すぎる』と、よく聞くことがあります。

日本語を学ぶことが疎かになってでも英語を勉強するべきだ、という態度への警鐘としてならば大賛成です。しかし、幼少期に英語学習をスタートすることへの反対意見としてならば、それはどうでしょうか。

どの国の人も、母国語のレベルを外国語が上回ることはないので、私たち日本人は、英語のレベルを上げるためには日本語を磨く努力をしなければいけません。
『日本語では経済のことを話せないが、英語だとだいじょうぶ』というようなことは、普通の日本人には起こりえません。
このような『知識・論理』の話であれば、外国語より母国語が先でしょう。

しかし、幼少期からの英語学習に私たちが取り組んでいるのは別の理由からです。
いちばんは、『音声の認識能力が幼少期は格段に優れている』ということです。
聞きとる能力が最も高いこの時期に、正しい英語の発音を聞く機会を作ることはとても重要で、聞く能力が高まれば、正しく発音することができ、間違った文法や表現も修正できるようになります。
よく言われる、日本語に無い『r』や『th』も正しい音を知らずに、聞きとったり発声したりすることは無理なのです。

私自身の話で言えば、小学生の頃から外国の音楽、映画が好きで、サッカー留学を夢見ていたため、中学の英語の授業がとても楽しみで成績も良かったのに、リスニング力を鍛える必要性がその時点でそれ程なかったために、大学時代にとても苦労をしました。
幼少期にリスニングをしっかりしていれば、どれだけの時間と労力を軽減できたかと思うと残念でなりません。

私たちの英語教室サンシャインキッズでは、子どもたちの発達段階に応じて効率的な英語力を向上し、英語の必要性が今以上高まる将来に羽ばたけるだけの力を身につけてもらえるよう日々努力しています。
英語を学ぶことが目的となってしまうのではなく、英語を使ってビジネス、スポーツ、学術、国際交流・・・と様々な分野で活躍する子どもたちの育成の一助となりたいと思っています。

コメントは受け付けていません。