Pre Kids [未就園児]

小さい子どもは言語を聞きとる能力が高く、言葉の持つリズムやイントネーションを覚える才能に特に優れています。これはこの年齢の子どもたちの特徴で、言葉を聞きとる能力を発達させる機会を逃してはなりません。この時期の子どもたちが歌、チャンツ、リズムに多く触れることは言語の習得にとても重要なことなのです。 —— PHD言語学者Gordon Ratzlaff

Pre Kidsコースの目標は、できるだけたくさんの英語に『触れる』ことであり、英語を『話す』ことではありません。この時期のお子さまに対しては、英語を「さぁ、話しなさい」と発声するように強制したり、子どもが発声することを過度に期待したりすることは避けた方がいいでしょう。

親の側は、せっかくレッスンを受けるのだから『英語を習わせよう』という意識が強くありますが、子どもの方からすると、『習う』というよりも、日本語でお母さんやお父さんと話すのと同じように、好きだから・楽しいからコミュニケーションを取ろうと思って教室にいるにすぎません。

求めていないのに『やらされる』しかも『お母さんはしないのに自分だけ』という状況はあまり居心地がよくありません。大好きなお母さんたちもすることだから自分にも必要なことなのだと思える環境が大切です。そのため、保護者の方にも積極的にレッスンでのアクティビティー全てに参加していただきたいです。

プリキッズ・コースのいちばんの目的は、単語をたくさん覚えたり、話したりすることではなく、英語の独特の音やリズムを楽しみながら、英語のシャワーをたくさん浴びて英語に慣れ親しむことです。そうすることで、その後の子どもの英語学習の効率を上げ、興味をより深くしていきます。

コメントは受け付けていません。