よくある質問

よくお受けするご質問とその答えを載せています。 これ以外にもご質問がある場合は遠慮なく教室スタッフ、またはお電話やemailで本部までお寄せください。

 

子どもがまだ小さく、体調を崩しやすいのですが、レッスンの振替は可能でしょうか?
可能です。

病気の時のみでなく、学校行事その他の都合によりレッスンを振り替えることができます。休んだ日の翌月に振り替えることもでき、生徒・保護者からも好評のシステムです。

「今日は何を習ったの?」と聞いても、ちゃんと答えないのです。わかってないのでは?
心配無用です。わかっていないのではなく、まだ説明できないだけなのです。

サンシャインキッズのレッスンでは、学校でするような「翻訳」や「文法解説」に重点を置いていません。英語を英語のまま(日本語に置き換えず)ダイレクトに理解しているので「何をしたか」を日本語で説明するように言われても小学低学年くらいまでの子にはなかなかできないのです(※指導法TPRを参照ください)。
通常お子様が何かを習うとき、それらは全て日本語を通して行われています。言い換えれば、『分かって当たり前の世界』にいる訳です。日本語で教えられる習い事の中でわからないことがあれば教える側、教えられる側双方にとって問題です。しかしながら、ネイティブが英語でレッスンすることにより日本語を使わない環境を意図的に作っているので、特にその日の内には、何となくわからないことがあっても自然なことです。
ご心配なく。 あとできちんと整理してあげるカリキュラムになっています。
「まず体験、そして理屈」です。

「レッスンがむずかしい」と子どもが言っています。こどものレベルが低いのでしょうか?
いいえ。むしろ「むずかしい」といった言葉が出ることはいいことです!

外国人の先生とのレッスンにおいて、特に10歳以上のお子様から「わからない」という率直な声があがるかもしれません。 しかし、これはごく自然なことでいいことです。例えば、幼稚園児くらいの子どもは、英語だけのレッスンで多少わからない言葉が出てきても間違いを恐れずどんどん体当たりでレッスンに臨んでくれます。ところが、個人差はありますが、小学高学年くらいからは、95%わかっていても5%わからないだけで、「わからない!!」と思ってしまう傾向があります。学校で○×式の勉強をするからでしょうか、間違いをすることをとても恐れてきだすのです。
でも考えてもみてください。大人でも例えば、TVのニュースでアナウンサーが話す日本語を100%理解していますか? 多少わからない言葉が出てきても「日本語が理解できない」と思わないですよね?
算数とは違い「ことば」は大体わかる状態から間違えながら上達していくものです。分かろうとしているから「分からない」という言葉が出るわけで、分かろうとしなければ疑問も生まれません。むしろ、この言葉が出たときは誉めてもいいくらいです。
その時は是非、「いいことだ!わからないところを先生にきいてごらん」、「自信を持って!」とアドバイスしてあげてください。

フォニックスをすると、aが『エイ』なのか『ア』なのかこどもが混乱しませんか?
大丈夫です! No problem!

アルファベットの『a』という文字には、『エイ』という『名前』 と 『ア』という『音』があります。 フォニックスを練習しているときにどっちを言えばいいのか迷ってしまうときはありますが、混乱して全くわからなくなってしまうようなことはありません。
漢字でも『訓読み』と『音読み』がありますが、みんな覚えていくように、子どもの能力はこの程度のことは難なくこなしていくことができます。

ネイティブ講師だけでいいのでは? 日本人講師は必要なのですか?
通訳ではありません。日本人講師もいた方が効果的なのです。

もちろんネイティブ講師だけでもレッスンをすることは可能です。しかし、レッスンの効果を考えると日本人講師もいたほうがいいのです。
一見ネイティブ講師だけの方が、英語だけの環境にどっぷりと漬かることができていいような気がします。例えばここがアメリカで幼稚園や学校、TVでも英語が飛び交っている状態であれば最初はわからなくてもいつかはわかります。しかし日本に住みながらではその環境を保つのはとても難しいことです。週に一回45~55分間の貴重なレッスン時間だからこそ、日本人講師が本物の英語の学習を『効率的』にするのです。また日本人講師からお子さまの様子を細かく聞くことができます。ネイティブだけだと不安ではないでしょうか。
このような理由からサンシャインキッズのレッスンは、『毎回のレッスンがネイティブと日本人講師二人のティームティーチング』なのです。

家でも練習したほうがいいとは思うのですが、親の良くない発音だと問題はありませんか?
お子さまと一緒にどんどんチャレンジしてください。

『ネイティブのような正しい発音』と『そうでない発音』、どちらがいいですか?と聞かれれば、やはり正しい発音の方が好ましいでしょう。しかしもっと大切なことは出来るだけたくさんの時間『英語に触れてもらう』、『英語のことを考えてもらう』ことです。何事も上達するには練習の質も大切ですが、質にこだわりすぎて量をこなさないと結局遠回りをしていることになります。自転車に乗れるようになるには考えてばかりいるのではなく、失敗してもいいからとにかく『乗る』ことですよね?
お子さまと一緒に練習しているとある日、「お母さんの発音おかしいよぉ」などと言われることがあるでしょう。そんなときは「じゃあ、お母さんに教えてよ!」とお子さまの優越心をくすぐってあげてください。そんなお子さまとのコミュニケーションは、何にも増していい効果があります!

「これ英語で何て言うの?」と聞くと答えられませんでした。もっとたくさん英単語を覚えた方がいいのではないでしょうか?
『覚える』こと自体は悪くはないです。しかしちょっと待ってください。

『英語で何て言うの?』—英単語の数、すなわちボキャブラリーは多い方がいいに越したことはないです。 しかし、それは私たちが習ってきた今までの英語の勉強の仕方と同じで、教室に通わなくても家でできます。注意しなければならないのは、名詞や形容詞ばかりを知っているのでは「英語」を理解したのではなく、単に「単語」を暗記したことにすぎません。言い換えれば日本語の「道」という単語しか知らない子に「道路」という新しい単語を覚えさせたことと同じようなものということです。
『英単語をたくさん知っている = 英語が使えている』 ではありません。
暗記は中学生になってもできるのですが、間違えることを恐れず、聞く力が飛躍的に伸びる時期は幼少期を逃すと二度とやってきません。
サンシャインキッズは、より大切なことをより効果の上がる時期に教えることを考えています。 「Touch the blue ball. 」という文を正確につづれるかどうかは、後になってできれば良いことで、より大切なのは、動詞と組み合わさった文全体を聞いて日本語に翻訳することなく、英語のまま瞬時に理解し動作できることだと考えています。

ひとクラスの人数が少なければ少ないほどいいと思うのですが
案外そうでもないですよ。

「マンツーマンの方が効果がある」というのは大人の論理です。大人のレッスンの場合は英語を習う目的や能力に個人差があるので少人数の方が効果がある場合が多いです。また、大人は目的・目標がはっきりしているので多少苦しくても続けることができます。 ところが、子どもはそもそも「何のため」、「どうしたい」と思って教室に通いません。
英語でのコミュニケーションが「楽しいから」来ています。 そうであるならば、ある程度の人数がいた方が圧倒的に楽しいのです。 また、楽しいからこそがんばれるのです。
サンシャインキッズのキッズクラスはグループでレッスンをすることによって・・・

①英語でのコミュニケーションを楽しむ
②こどもの競争心を利用して伸ばす
③友達を見て学ぶ

・・・ことを促進しています。また、ティームティーチングで講師がいつも二人いるのでクラスもしっかりとまとめることができるのです。

コメントは受け付けていません。